トップページ

2016年11月号

ギター絵画

■ <教室だより11月号>

西村演奏で明日があるさ

10/30(日)あすとぴあ高田1階で行いました、ほのぼのチャリティーコンサートに出演された皆さま方。
皆さまの温かいご支援により、チャリティーコンサートとして無事行えたことを嬉しく思っております。
募金も6,970円となり、全額、今回は東日本大震災の義援金とさせていただきます。ありがとうございました。
次回からもこういった形で行っていきたいと思いますので、今後共ご協力宜しくお願い致します。
演奏についてはいろいろとご感想があるかと思いますが、まず総評と致しましてはお一人お一人、キラリと輝く良いところが
出たと思っております。コメントが素晴らしかったり、音色が以前より良くなってきたり、重奏では息を合わせることが出来たり、
10年選手の曲にチャレンジしたり、日常が大変なのに本番だけは音楽に楽しむことが出来たり、皆さま同士での演奏で応援したり、
勉強したりと、励みになったと思っております。まずは参加しなければ得られない体験、経験が何よりの心の財産だと思ってください。
良い分、悪かった分をもう1度あらためて、さらに充実した生活(心に良い音楽を糧に)をしていき、
皆さまで良い音楽を広めていきましょう。こじんまりではもったいないです。
皆さま方のほとんどの方は良い体験をいくつもされてきています。
大いに高田の町を楽しくギター&オカリナ(音楽)で活性化していきましょう。
それが今後も毎月できるチャリティーコンサートなのです。今回参加出来なかった方も演奏出来るステージがたくさん出来るのです。
大いに上達出来るチャンスがたくさんあるのです。失敗を恐れず、楽しんでいきましょうね。
また今回の出演された皆さまには只今、あなたの演奏を録画DVDに編集している最中です。
是非しっかりと自分の演奏を見て復習していきましょう。
失敗しても良い演奏はたくさんあります。ミスしなくても冷たい演奏もいくらでも存在します。
曲の真意をしっかり捉えて、演奏していきましょうね。細かい事に囚われない。
本筋が通っていればミスがあっても多少は問題ないのですから。私は思いっきり間違って演奏しました。
けれど曲のダイナミックさや軽快さや活き活き感を失わず演奏したつもりです。自分でいうのも変ですが、
間違っていたとしても伝わる演奏なら、良い場合も多々あると思います。
そしてそのためにも今後はもっとお友達をたくさん呼んでください。それが良い演奏をする方法のひとつです。
今度はこうやってみようかな?こうした方が良いかも?など前向きに考えて楽しく無理なくギター&オカリナを演奏していきましょう!!!ね!

■ <にっしー先生のワンポイントアドバイス>

「ギターとの付き合い方」
ギターとの付き合い方には、人生の楽しい時、辛い時、ふとした時に弾くことが出来て、これは歌って気を紛らわすのとは違い、
ギターの音色が心の琴線を揺り動かし、結果的に自分を取り戻させてくれる素晴らしい楽器だからです。
長く付き合うほどそのことが分かってきます。
(20くらいの私は正に家にひきこもり、ギターで自分を取り戻させてくれました。それからようやく音楽をスタートしていますね。
人に遅い早いは関係ない、そう思ったときがやるときです。)

■ <にっしー先生!ついに目標達成♪パンパカパーン!>

「365日の断酒生活♪」
1年前の自分へ。とりあえず、365日は無事に通過できるから、大丈夫だぞ!
だから最初の1か月はしんどくても大丈夫だ。がんばれ!
今後も続いていけるようにしていこうじゃないか!
よくやったぁ〜!おめでとう♪かんぱぁ〜い!って、しませんよ。…、心静かにガッツポーズ♪


教室だよりのトップへ

■ <お問い合わせ>

基本レッスン日=水〜土 13:00〜21:00まで
TEL&FAX/025-522-8338
★ 上越新堀ギター音楽院に関する感想やご意見、ご予約、お問合せについてはをください。
まずはお気軽にご相談くださいませ(^^♪
学校関係者様、軽音部のコーチ指導へ、イベント主催者様も演奏依頼承り致します。

トップページへ戻る