トップページ

2016年3月号

ソプラノとギター

■ <教室だより3月号>

雪の心配もなく、2月もあっという間に終わってしまった感じが致します。皆さま方はいかがお過ごしですか?
この冬の時期に心境の変化があったり、なかったり。また出会いや別れのシーズンでもありますね。センチメンタルな時期到来。
さて、雪の心配でなかなか活発に活動していなかった方々も、ドンドン良い音楽、ギターで良い刺激をもらい、自分自身の心の糧としていきましょう。
またお友達にも積極的にお声を掛けてください。「素晴らしい音楽、ギターを一緒にしていきましょう」と広めてください。
みんなでやれば尚楽しいですからね。
私も音楽、ギター普及の一つとして、まず今年はやはり、マンスリー&チャリティコンサートinあすとぴあ高田1階です。
基本第2月曜、17:00〜、第4日曜、14:00〜それぞれ月2回を目標に演奏してまいります。
まだまだ生ギターの音色をしっかり聴いたりする機会が少ないと思いますので、ドシドシ足を運んでください。
またちゃんとギターを学んだことのある方も少ないと思います。ギター教室でしっかり学び、楽しく弾いていきましょう。

【ギター練習方法】

16分音符=例えば 左手1234をそれぞれ順番に「1234、1234、1234、1234…」と弾いていきます。
次にリズムを変えて「123、412、341、234…」 で弾いていく。
1234は変わらないのですが、3連符にしていく。
これが慣れるまでしっかりテンポに合わして弾けるようになるまでがんばってみましょう。
わかりにくい場合は単語を使って「ニイボリ、ニイボリ、ニイボリ…」を
「ニイボ、リニイ、ボリニ、イボリ…」にしていく弾き方ですね。レッツ、トライ♪

■ <にっしー先生のワンポイントアドバイス>

「演奏(練習)の9割くらいはリズム練習」

ある程度、符読みをしてギターを弾きながら、音取りが出来てきたならば、今度はしっかりリズムに合わして弾く練習を取り入れる。
正にリズムをきっちり合わせることがとても大切になります。ただどうも、ギター愛好家の皆さんが陥りやすいのは、
自分の感覚(テンポ)で弾けたらOKみたいな、メトロノームなどでしっかり合わしていないのに、
弾けていると思ってしまうことを残念でならないことがしばしばあります。
例えばカラオケで酔っ払いながら気持ち良く歌っていて、リズムを蔑ろにしてしまい、本人は良いと思っていても他人からすれば、
テンポが乱れていて聞き取りづらいことってよくあるお話しです。
リズムは目には見えないものですから、なかなかわかりづらい面があります。逆に言えば耳の鍛錬になります。
よく聴く、感じることは、脳の刺激になって良いこと尽くしなのです。
しっかりとしたメトロノームの使い方を知り、学び、練習し、自分がちゃんとリズムに合わして弾けた時、
とても脳内に良いホルモンがいっぱい出て、幸せ感が倍増します。とても嬉しい、楽しい気持ちになります。
是非ともそこまで出来るように、時に練習が大変、つまらない、ギターがちょっぴり嫌になったなど、
練習していく過程の中でしんどい場面にいくつか遭遇するとは思いますが、焦らずじっくり取り組んで、長い時間が掛かったとしても、
続けていきましょう。上手くいかない場合は練習方法を見直して私にご相談ください。
是非ともご自分のライフスタイルのひとつに、ギターをちゃんと弾いてみることをお勧めいたします。
そしていつもきれいな音色を求めて、美しいギターの音色で弾いていきましょうね☆
“心の糧になる良い音楽を全ての人々へ”のニイボリ精神で楽しみましょう。
教室だよりのトップへ

■ <お問い合わせ>

基本レッスン日=水〜土 13:00〜21:00まで
TEL&FAX/025-522-8338
★ 上越新堀ギター音楽院に関する感想やご意見、ご予約、お問合せについてはをください。
まずはお気軽にご相談くださいませ(^^♪
学校関係者様、軽音部のコーチ指導へ、イベント主催者様も演奏依頼承り致します。

トップページへ戻る