トップページ

2013年8月号

ダイエット

■ <教室だより8月号>

外には子供たちが、あちこちと出歩いている夏休みの8月が来ました。
アスファルトが焼けるような日差しに照り返し…、蝉時雨に陽炎…。カキ氷にスイカ…。
ビールに枝豆。そして、夕涼みにギターの音色♪ポロロローンって気分で、夏を乗り越えましょう♪
では月刊“ハーモニー”で気になったのは、裏表紙の新堀ギターのメインコンサート!今年は9/8ミューザ川崎であります。世界NO1のギターオーケストラを聴くには絶好な機会です。遠い距離ですが、ギターの生の音色の違いを味わっていただきたいです。無理な方はDVDで是非拝見ください。最近はオリジナルの曲が多くその内容もとても“明るい曲”“希望に満ち溢れている曲”が多いと思います。これも誰もが楽しめるようなプログラミングからだと思います。是非ハーモニーのP16〜19のコーヒータイムのコーナーをお家でじっくりとよく読んでください。音楽は楽しさがベースというのがわかってきます。
 ギター楽譜として、P24の「明日があるさ」独奏!これも独奏はまだムリだと思っている方は♯3つの楽譜ですが、是非チャレンジしてみましょう。橋本先生編は音と音をつなげる練習になります。
あとは合奏曲として「となりのトトロ」!ギター合奏だけでも充分に仕上がりそうな感じなので、慰問演奏やボランティア活動されている方には必見な楽譜です。是非レパートリーの一つとしてもらいたいです。(特にプライムパートも単音なのが良いです。全てのパートが単音構成になっている。=私の編曲した高田の四季もそんな感じで作りましたよ;)
いろいろとしっかり“ハーモニー”を読みますと、どれもが明るい方向へ手掛けられていて、読んでいただけでも楽しいですね。また「たくとぽろん2」もP30も面白いので、興味沸いてきた方は注文してみてください。
さぁ、ギターを時には楽しくなくたって、楽しく弾いて心の糧にしましょう♪

■ <にっしー先生ワンポイントアドバイス>

では、楽しく弾く(吹く)ためには〜どうすればいいの?
答えは簡単。常にリズムを身体で感じていることです。練習する時の楽しみ方は、自分の弾ける速度のメトロノームのテンポ(必ず落ち着いて弾けるテンポ)を、身体でしっかりリズムをとってから(足だけじゃなく首や腰で)、その身体をキープしたまま弾く練習をする。要はちゃんとリズムに乗ってから弾きましょう。弾けないところもわかってきます。先に身体を作ることで楽しさがUPしてきます。すぐに弾かない、リズムをつくる♪それから弾きましょう。リズムを感じて歌えたら弾けるようになってきます。あとは絶対に拍子を数えないことです(笑)。楽しいときは絶対に数えてないですから♪(もちろん解らない所は数えて確認も必要) タン、タタ、タン、ウン♪です。


教室だよりのトップへ

■ <お問い合わせ>

基本レッスン日=水〜土 13:00〜21:00まで
TEL&FAX/025-522-8338
★ 上越新堀ギター音楽院高田教室に関する感想やご意見、ご予約、お問合せについてはをください。
尚、業者の方については一切返信しません。

トップページへ戻る