トップページ

2013年10月号

上越市民ギターオーケストラ

■ <教室だより10月号>

さぁ、今年も早いものであと3ヶ月となりました。冬のことを考えると今年は滅入ってしまいそうな感じもしますが、ギターの音色を励みに皆さんと共にがんばっていきましょう!よろしくお願い致します♪
ハーモニー10月号の進級者に我ら上越高田から“伊藤幸也さん”がクラシック入門科を進級致しました。おめでとうございます!♪伊藤さんはたのしいギターテキストを全て弾き込んだ方です(合奏曲以外)。真にあっぱれです。よくぞやっていただきました。なかなか出来るものでもないので素晴らしいです。
私も習っていた頃は全てはやっていませんでした。それに無理やり合格にしてもらったり、「もうその曲は飽きたから合格にして?」等、正しく出来の悪い生徒でそれはそれはめちゃくちゃでした。よくレッスンしてもらったなぁ…っと思います。そんな居心地の良かった教室があったから今の私があり=先生はどう思っているかわかりませんが、私にとっては優しい3つ上の師匠=瀬戸輝一先生が10/24に東京練馬辺りで初のギターリサイタルやります。新堀は辞めましたが、ご自身で教室を開き演奏活動を頻繁に行っております。行かない訳には行きませんので、演奏会には恒例の花束ですが、こちらの上越産新米コシヒカリでも渡そうと企んでおります。必ず喜ばれますからね、お米は(笑)

■ <にっしー先生ワンポイントアドバイス>

練習後…?
レッスン終了後、皆様の行動を見ていますと、終わったらすぐにギターケースにしまっている方が大変多いように思えます。何を言いたいのかと申しますと、柔らかい布(私はニイボリオリジナルシリコン入りクロス)を手に取り、必ず汗や汚れを拭き取ってから閉まっていただきたいのです。弦の寿命も変わることでしょう。又そのまま入れる癖があるとケース自体も汚れやすくなります。特に弦と密着するケース内は…!ですので、いくら新しい弦に変えたところでもケースが汚れていたら見も蓋もありません。ケースも綺麗にするよう心掛けましょうね。そしてそのクロス自体も必ず年に4回くらいは洗濯しましょう。ギターや弦を拭くことはあってもなかなか、クロス自体洗濯しないことが結構多いと思いますのでご注意です。(シリコン入りクロスは1回でも洗濯するとシリコンがなくなります。)後は弦交換をやはり小まめに換えましょう。愛情を持って拭き拭きしてください。綺麗なギターで美しい音色を奏でてください。


教室だよりのトップへ

■ <お問い合わせ>

基本レッスン日=水〜土 13:00〜21:00まで
TEL&FAX/025-522-8338
★ 上越新堀ギター音楽院高田教室に関する感想やご意見、ご予約、お問合せについてはをください。
尚、業者の方については一切返信しません。

トップページへ戻る