トップページ

2013年7月号

痩せよう

■ <教室だより7月号>

みなさん!7月も元気に張り切ってギターを弾いていきましょうね!
もし逆な言い方をするなら、是非ギターを弾いて元気になりましょう!
リズムをしっかり身体で取って演奏すれば、身体がウキウキしてきて脳内で良いホルモンがいっぱい出てきます。バランスよくやっていきましょうね。
・ジメジメ、ジトジト真っ盛りな梅雨は、やはりギターが枕を濡らしているシーズンですね。ギターにとって、とても過ごしにくい季節です。ケースに入れて置いても、弦が切れてしまうってことはよくあるお話しです。そんな皆さんのかわいいギターの音色が最近ぼやけてきていませんか(良く鳴らない)?この時期はギターの音色が湿気でこもります。なので湿気ないように、ギターケースにドライフォルテや乾燥剤などを入れてあげましょう!そしてギターをおもいやるなら1週間以上触らなかった時などは、弦を緩めてみましょう。習慣としてギターを練習した後は必ずクロスでやさしく拭いてあげましょう。時には弦交換時にフレットを磨いていますか?(フレットは必ず錆びてきます。乾拭きでも結構ですので是非心掛けましょう。)
いつでも暇な時はギターを拭いてあげて、綺麗な気持ちでギターを弾きましょうね。
心もきれいになりましょうね。
私の場合毎日ギターの弦を緩めています。何回転まわしたか解っていれば、元の状態に慣らすのも、その回数分まわせばよいのでわりと簡単ですよ。(その時ははじめ音が高くなってしまいますが徐々に音が下がってきますので問題ないかと思っています。)
まめに取り扱いに注意して、癒される美しいギターの音色を目指してがんばりましょう。
・さて今月のハーモニー7月号の表紙の左奥のメガネくんは、私の長くからの同じ新堀ギター横須賀教室出身の数少ない友人の佐藤敏優さんです。彼は今では新堀本部のNiibori TVプロデューサーです。共に教室で楽しくギターを弾いていた仲です。私が教室で習い始めるよりずっと以前から習っていたみたいです。やはり毎週土曜の合奏団練習で知り合い(学年は1つ下で中学高校と同じだったみたいでした。)、練習後はいつものように瀬戸輝一先生(当時の教室の先生=是非ネットで検索してみてください。)宅におじゃまして、音楽を語らい、お酒を酌み合い、当時はヘタなりに夢を大きく描いておりました(笑)。まさしく私の20代青春の1ページでしたね。お陰で私も専門学校に行く決意も出来ましたし、それだけ先生みたいなギターで生活出来る新堀ギターに憧れを抱きました。友人もその後、コンピューター関連会社の仕事も辞め新堀ギターの専門学校を学び、就職出来るまでになり現在に至ります。(ギターの専門家として卒業しましたが、コンピューターに詳しいということで今のプロデューサーとして抜擢されたのでしょう。)佐藤という名字はパソコンに強いのかなぁ?佐藤健実先生とか?笑。
余談でした。是非新堀本部の先生もがんばってもらいたいですね。
…だからではないですが、趣味としてギターのお友達は必ずいた方が良いと思います。
気兼ねなくギターについての話や疑問、気になることなど何でも相談できるのはとても力強いですし、ギターを練習する“やる気”度も随分と違ってきます。また一緒に練習することが励みにもなります。是非大いに教室を利用して、楽しい音楽ライフにしていきましょうね♪

■ <にっしー先生ワンポイントアドバイス>

演奏だけじゃ……ないです。良く聴こう
ギターを楽しく演奏するには、ギターで演奏される音楽を知らないといけないと思います。もっとたくさんの名曲、CD、DVD映像を見聞きしましょう。名ギタリストや名曲を憶えたり、気に入った曲があれば、譜面を購入してみたりしましょう。(新堀ギターでも購入できます。)また自分の演奏も是非録音して、ちゃんと聞いてみましょう。上手くいかない原因を探る癖を身につけましょうね。リズム、タッチ、姿勢(右手、左手)…が原因です。


教室だよりのトップへ

■ <お問い合わせ>

基本レッスン日=水〜土 13:00〜21:00まで
TEL&FAX/025-522-8338
★ 上越新堀ギター音楽院高田教室に関する感想やご意見、ご予約、お問合せについてはをください。
尚、業者の方については一切返信しません。

トップページへ戻る