トップページ

2014年5月号

2本?!って。

■ <教室だより5月号>

5月に入りました。1年の3分の1が終わりました。時が経つのは早いですね。さぁ今月も自分の為に楽しくギターを弾いていきましょう。
4月27日に新堀本部に日本教育ギター連盟の総会に出席してきました。地方の名立たる先生方のお話しも聞けて大変勉強になりました。
私はこの度中村先生より上越新堀ギター音楽院の代表を受け継ぐこととなりました。よりギターを通して上越の地に根ざした活動をしていこうと決意しております。がんばりますので、皆様も今後ともよろしくお願い致します。
さて話しは変わりますが、ハーモニー5月号に紹介されている教本が気になっております。中林淳眞著“年齢を超える!ギター技巧維持教本”P29に載っておりますので、是非この機会読まれてみてはいかがかなと思いました。現役86歳未だに演奏技術はノビシロだそうです。私は今度購入してみて勉強しようと思います。

■ <にっしー先生のワンポイントアドバイス>

爪は必ず磨いておりますか?
クラシックギターを弾く方なら必ず爪を磨く習慣を付けましょう。短くしている方も綺麗にしておきましょう。引っかかったり、弦を傷つけたりしないようにしましょうね。
形よくしたら磨く作業ですね。磨き方はその都度説明していきますので気軽に聞いてください。だんだん細かくしていき、最終的には2000番で磨いていき最後はレシートなどの感熱紙で仕上げましょう。
指通りが断然に変わってきます。またエレキギターやアコギの方ならこの感熱紙(レシート)で弦を掃除するとよいでしょう。滑りも良くなり押さえやすくなります。
是非、爪先はツルツルにして弾きやすくしていきましょうね。爪も健康的になりますしね。レッスンに入る前にも必ず磨いておきましょう。ウクレレの方も一緒ですよ。
ザラザラの表面のままギター弾いたらあっという間に弦が荒れます。引っかかったり、力んで弾いてしまったたりと本当に良くないことがたくさん出てきてしまいます。
焦らず心穏やかに弾いていき、楽しい気分でいつまでも過ごしていきましょうね♪


教室だよりのトップへ

■ <お問い合わせ>

基本レッスン日=水〜土 13:00〜21:00まで
TEL&FAX/025-522-8338
★ 上越新堀ギター音楽院高田教室に関する感想やご意見、ご予約、お問合せについてはをください。
尚、業者の方については一切返信しません。

トップページへ戻る