トップページ

2014年8月号

後ろ向きギター

■ <教室だより8月号>

7月27日ほのぼのコンサートに出演された皆さま方には、本当にありがとうございましたぁ♪
音楽は上手いヘタで区切るのではないものです。どう伝わったかが一番重要ですね。
もちろん緊張して普段の実力が全く出なかったと言う方もおられることでしょう(私がそうでした;笑)。

けれど手が震え、上手く弦を捉えることが出来なくても、最後まで弾き通す姿だったり、気持ちを込めて演奏している姿は、 見ている人にとってはとても輝いて見えていることでしょう。楽器が弾けることですら、憧れの的になる時だってあるのですから、 前向きに次ならもっとこうしてみよう、あーしてみようと楽しく音楽と向き合っていただけたらと思います。 また何かに向かって頑張る姿も美しいものですからね。是非一緒に少しずつ、ボチボチがんばっていきましょう!

また出演出来なかった皆さまも11月か12月に今年2回目を企画する予定なので、是非とも目標にしてがんばってみましょうね。 今回出演した方は聴く方の勉強もよいのではないでしょうか。もちろん出演OKですから、大いに場慣れしていきましょう!
次回は合奏“高田の四季”を取り入れようと思います。最後に全員でお客さんも含め歌える曲としてやろうと思います。

■ <にっしー先生のワンポイントアドバイス>

使ってください、メトロノームを。
ある程度弾けてきましたら、必ずメトロノームに合わせて最初はゆっくりな速度で拍をしっかり合わせて練習してください。
これだけでも、自分がちゃんと弾けているかどうかが分かってきます。合奏でリズムが合わないのは、メトロノーム練習をしていない人が
たくさんいるのが原因です。正しいテンポでやっている人もテンポがズレテしまう現象にもなります。ただ弾けたのではなく、
リズムに合わせて弾けたのがまず最初に「あー、だいぶ弾けるようになったかなぁ」のレベルではないでしょうか。
それから曲想も考えればまた弾けなくなったりしますからね。まずは正しいテンポを身に付けていきましょう!
リズムに乗れて楽しく正確に弾けることができれば気分もスッキリしますよ!使ってくださいね♪


教室だよりのトップへ

■ <お問い合わせ>

基本レッスン日=水〜土 13:00〜21:00まで
TEL&FAX/025-522-8338
★ 上越新堀ギター音楽院高田教室に関する感想やご意見、ご予約、お問合せについてはをください。
尚、業者の方については一切返信しません。

トップページへ戻る