トップページ

2014年4月号

目標は高く

■ <教室だより4月号>

急に春らしい季節が到来しましたね。この季節を今か今かと待っていた頃と比べて、今は急に暖かくなり、身体もついていきにくい感じですね。くれぐれも体調管理に気を付けましょうね。桜の季節は心ウキウキですが、車の運転も気をつけましょう。
ギターも一緒で楽しく弾くのはもちろんですが、しっかりと意識してゆっくりと正確に弾きましょうね。テキトウに弾くのがこの時季一番良くない弾き方です。必ず練習の為のれんしゅうをやりましょう。それから心を癒していきましょう。
さて教室のホームページもようやく形になってきましたぁ。最近はYouTubeも始まり、ブログも含め充実してきましたので、是非お友達に「こんな先生が私の先生ですよ」と紹介ください。また、YouTubeに投稿してほしい曲があれば気軽にご連絡ください。
そしてこのホームページが下地となって、演奏活動やイベントにドンドン参加していきたいと思っておりますので、是非ご紹介の程よろしくお願い致します。
また新しい季節です。心が変わる時季でもあります。もし、ギター、ウクレレ、大正琴、オカリナなど興味を持たれたお友達がいましたら、是非教室をご紹介ください。一緒に楽しみを増やしていきましょう。音楽で心のバランスをしっかり保ち、実りのある生き方をしていきましょう。「心の糧になる良い音楽を全ての人々へ」が私たち新堀ギターのモットーですから、一緒に楽しんでいき、喜びをいっぱい味わっていきましょうね♪♪♪

■ <にっしー先生のワンポイントアドバイス>

人前で演奏すると緊張し、身体が強張ってしまいます。何か対応策はありませんか?
私も今だに緊張してしまい、いざ弾こうとすると両手が震え身体が強張ってしまうことはあります。人間ですからそんなことを考えれば考えるほど、演奏している音楽の内容や表現、その曲の素晴らしさからドンドン遠ざかってしまっていると思われます。ですので、緊張はするものだと思い、それよりもどう人に伝えよう、この曲を間違えてもいいから、どう表現してこの曲の素晴らしさを伝えよう。そんなことに集中してもらいたいですね。これはプロ、アマ一緒のことだと思います。時として余りにも聴いている方がシーンと静まりかえっていたりすると、演奏者側は演奏しにくいものです。良い音楽とは、聴く側が演奏者を心地の良い空間作りをし、演奏者が弾きやすい状況を作ってあげるのものだと思います。そうすると良い音楽を味わい楽しい時間を過ごせる訳ですね。演奏する方も聴くほうも両方が作っていかなければ良い音楽は成り立たないわけですからね。
聴く人もただ、黙って聴いているだけじゃなく、一緒に演奏しているつもりで聴いてください。一緒になって聴くことが生演奏の聴き方だと思います。


教室だよりのトップへ

■ <お問い合わせ>

基本レッスン日=水〜土 13:00〜21:00まで
TEL&FAX/025-522-8338
★ 上越新堀ギター音楽院高田教室に関する感想やご意見、ご予約、お問合せについてはをください。
尚、業者の方については一切返信しません。

トップページへ戻る